大河ドラマ「麒麟がくる」の放送開始はいつ?延期の影響で代わりに放送される番組は?

テレビ番組 テレビ

2019年11月26日のヤフーニュースによると、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送日が2020年1月19日以降に先送りされることが決まりました。

この記事では、2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」について

  • 放送開始はいつになるのか
  • 延期になった日の代わりの番組は何が放送されるのか

を予想してみます。

結論から言うと、

  • 大河ドラマ「麒麟がくる」は、2020年1月19日以降に放送開始
  • 予想では、1か月(4週)遅れになるのではないか
  • 代替番組は、年末年始に放送されるSPドラマの再放送と予想
  • 放送開始日の前週には「麒麟がくる」の特集番組を予想

となっています。

詳しく見てみましょう!

大河ドラマ「麒麟がくる」はいつ放送開始になるのか?

まず、ニュースサイトで伝えられている情報を整理すると、

  • 「麒麟がくる」は本来2020年1月5日スタートの予定だった
  • 2020年1月19日以降に先送りされることが決定した

とあります。

11月26日現在、沢尻エリカ容疑者の代役に決定した川口春奈さんは撮影に入っていない状態。

さすがに今から撮り直して編集して1月5日に間に合わせることはできなかったのでしょうね。
(どう考えても無理だと思います)

 

ただ、引っ掛かるのは「1月19日以降」という部分。

第1話を1月19日に放送する、とは断言していません。

制作状況によっては再延期もあり得るということですよね。

これは私の予想ですが、ただでさえ年末進行で多忙な中、いつもの大河ドラマのクオリティを保った状態で放送するには、2週遅れ程度では足りないと思うんです。

最低でも1か月(4週)は遅らせてくるのではないでしょうか。

延期になった日に代わりに放送される番組は?

NHKの大河ドラマの放送スケジュールは、

  • NHK総合は日曜日20時、再放送が土曜日13時5分
  • BS4Kは日曜日9時、再放送は翌週の日曜日8時
  • BSプレミアムは日曜日18時

となっています。

1回の放送は45分間です。

放送が延期になるということは、これらの枠をすべて他の番組で埋める必要が出てきます。

現在決まっているだけでも2週分、さらに伸びるなら4回分くらいは別の番組が必要になってきますね。

 

おせっかいながら、代替番組を勝手に予想してみました。

まず、放送延期が2週で済む場合。
45分×2回で90分の枠が空いてしまいます。

私が(勝手に)提案するのは、

  • 2020年1月3日(金)に放送されるSPドラマ「そろばん侍 風の市兵衛SP~天空の鷹~」の再放送

です。

正月時代劇として放送される向井理さん主演のドラマで、レギュラー放送も人気がありました。

90分のドラマなので、前・後編に分けて2週にわたって放送すれば、丁度良いのではないでしょうか。

 

さらに放送開始が伸びて、4週空いてしまう場合には、そろばん侍に加えて

  • 2019年12月30日放送「ストレンジャー~上海の芥川龍之介~」の総集編
  • 「麒麟がくる」放送開始直前SP番組

の2本でどうでしょうか。

「ストレンジャー」は松田龍平さん主演の年末SPドラマです。
放送時間が70分ほどあるので、放送するなら総集編として尺を削る必要がありますね。

最後の週には、本放送に向けて、大河ドラマ「麒麟がくる」の特集番組を持ってくるのが良いと思います。

ドラマの見どころや歴史的背景の解説など交え、出演者のインタビューなどもあれば視聴者も納得してくれるのではないでしょうか。

まとめ

2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」について、放送開始日と延期になった日の代替番組について予想しました。

まとめると、

  • 大河ドラマ「麒麟がくる」は、2020年1月19日以降に放送開始
  • 予想では、1か月(4週)遅れになるのではないか
  • 代替番組は、年末年始に放送されるSPドラマの再放送と予想
  • 放送開始日の前週には「麒麟がくる」の特集番組を予想

となりました。

せっかく撮り直すのですから、きちんとした品質の番組を作ってほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました