【2019】福岡国際マラソン交通規制・通行止め・迂回路の場所を地図で確認!時間はいつからいつまで?

マラソンのイメージ スポーツ

2019年12月1日(日)に福岡国際マラソンが開催されます。

沿道には毎年たくさんの人が選手たちを一目見ようと集まります。
私は福岡出身なので、子どもの頃に何度か観戦に行ったことがありますよ!

特に今年は、福岡国際マラソンがMGCファイナルチャレンジの対象レースになっていることもあり、例年以上の人出が予想されます。

自分の目の前でオリンピック代表選手が決まるなんて、ドキドキしますね!

今回は、2019年の福岡国際マラソンに伴う交通規制・通行止めの場所と時間、迂回路を地図で確認しながら紹介します。

結論から言うと

  • 基本は、先頭ランナーが通過する約5分前から最後のランナーが通過するまでの間、ランナーと同じ方向の車線が規制される
  • 規制の時間は場所によって異なり、最短15分~最長90分程度
  • 護国神社前、小戸西交差点、平和台陸上競技場付近は対向車線も同時に規制される
  • 箱崎ふ頭中央入口、博多バイパス・香椎、天神北出入口の迂回路が案内されている

となっています。

各地点の詳細な規制時間を地図と一覧表で紹介しています。

また、迂回路についても地図や航空写真を使って丁寧に解説していますよ!

【2019】福岡国際マラソン交通規制・通行止めの場所を地図で確認!規制時間はいつからいつまで?

2019福岡国際マラソンの交通規制図

引用元:福岡国際マラソン公式HP http://www.fukuoka-marathon.com/pdf/73rd_trafficmap_jp.pdf

公式サイトによると、2019年の福岡国際マラソンは12月1日の12時10分にスタートします。

先に交通規制の内容をまとめると

  • コース内の一部区間(3か所)のみ、順行車・対向車の両方が規制される
  • 順行車(ランナーと同じ方向に進む車)は、先頭ランナーが通過する約5分前から最後のランナーが通過するまでの間は通行禁止
  • 対向車はランナーがくる直前の右折・転回はできない
  • 交通規制中は、歩行者・自転車もコースの横断ができない
  • 歩道橋は通行可能だが、立ち止まったり歩道橋上からの観戦は禁止。

となっています。

→交通規制の地図(PDF)を印刷したい人はこちらからどうぞ

コース内の一部区間(3か所)のみ、順行車・対向車の両方が規制される

基本的にはランナーが走るのと同じ方向のみの規制ですが、スタート・ゴール地点周辺などの3か所のみ対向車も同時に規制されます。

両方向規制区間は以下の通りです。

規制区間 規制時間
(※レース状況により変更の場合あり)
①護国神社前~荒戸交差点 12:00~12:20
②姪浜5丁目~小戸西交差点 12:23~12:50
③浜の町公園前~平和台陸上競技場入口 14:00~15:00

①護国神社前~荒戸交差点(12:00~12:20)

今回のスタート地点は、平和台陸上競技場と大濠公園の2か所。

その両方からランナーたちが流れ込んでくるのがこの区間になります。

スタート直後でランナーたちが固まっているので、規制時間は短めの20分間を予定しています。

②姪浜5丁目~小戸西交差点 (12:23~12:50)

スタートから西方向に進んできたランナーは、小戸西交差点で大きく進行方向を変えます。
スタートからだいたい7~9kmあたり。

規制スタートが12:23という中途半端な数字となっていますが、ここは先頭のランナー次第なので、早めに始まる可能性もあります。
30分程度は通れないと思っておくといいでしょう。

③浜の町公園前~平和台陸上競技場入口(14:00~15:00)

ゴール直前、ラスト2kmを切ったこの地点は14時から15時までの1時間にわたって両方向規制となります。

また、観客・報道・大会関係者などとにかく多くの人が集まる場所なので、規制時間前でも通るのは避けた方が良いでしょう。

順行車は、先頭ランナーが通過する約5分前から最後のランナーが通過するまでの間は通行禁止

上記3区間以外は、選手が通過する前後に片側のみの交通規制になります。

規制場所と時間は以下の通りです。

交差点名 規制時間
(※レース状況により変更の場合あり)
①護国神社前 12:00~12:15
②黒門橋 12:10~12:25
③脇山口 12:14~12:33
④愛宕西 12:20~12:40
⑤小戸西 12:26~12:50
⑥外環西口 12:32~12:57
⑦荒江 12:45~13:12
⑧六本松 12:50~13:19
⑨警固 12:55~13:26
⑩平尾 13:00~13:33

コース前半で注意すべきは、①護国神社前交差点と⑤小戸西交差点です。

先に紹介した通り、これらの交差点付近は対向車線も同時に交通規制となります。

規制の時間は先頭の選手が通過する5分ほど前~最後の選手が通過するまでなので、スタートから時間が経つほど長くなります。

短いところで15分、長いところでも30分程度の規制になります。

 

続いて、コース後半の規制情報です。

交差点名 規制時間
(※レース状況により変更の場合あり)
⑪那の川四ツ角 13:03~13:37
⑫博多駅前四丁目 13:07~13:43
⑬博多駅(バスターミナル前) 13:09~13:45
⑭呉服町 13:13~13:50
⑮千鳥橋 13:20~14:45
⑯箱崎ふ頭西側入口 13:23~14:02
⑰折り返し点(香椎参道口) 13:30~14:25
⑱箱崎ふ頭西側入口 13:40~14:38
⑲千鳥橋 13:20~14:45
⑳那の津口 13:55~14:54
㉑平和台 14:00~15:00

コース後半は、ランナーがばらけてしまっているので、全体的に規制が長くなります。

短いところでも35分、最長で90分近く規制がかかります。

特に気を付けないといけないのは、⑮⑲の千鳥橋交差点と⑯⑱の箱崎ふ頭西側入口交差点です。

これら2地点は、折り返し地点を挟んで上り・下りの2回を走る区間になっていて、規制が複雑になります。

公式発表の情報によると、千鳥橋交差点は上下線で規制時刻が同じになっています。
(あえて「両方向の交通規制」とは書かれていません)

箱崎ふ頭西側入口交差点では、時間差があるものの、途中で上下線とも同時に規制される時間帯があります。

 

また、福岡市民の皆さんならわかると思いますが、福岡国際マラソンのコースは、基本的に交通規制がない普通の日でも混雑しやすい道です。

どうしても外せない用事でなければ、コース周辺には近づかないことをおすすめします。

【2019】福岡国際マラソン迂回路はどこ?

2019福岡国際マラソン迂回路

引用元:福岡国際マラソン公式HP http://www.fukuoka-marathon.com/pdf/73rd_trafficmap_jp.pdf

続いて、迂回路を紹介します。

公式サイトでは、特に

  • 箱崎ふ頭中央入口周辺
  • 博多バイパス・香椎周辺
  • 天神北出入口周辺

の3か所について案内があります。

→迂回路の地図(PDF)を印刷したい人はこちらからどうぞ

箱崎ふ頭中央入口周辺

2019福岡国際マラソンの交通規制迂回路①箱崎ふ頭中央入口

引用元:福岡国際マラソン公式HP http://www.fukuoka-marathon.com/pdf/73rd_trafficmap_jp.pdf

都市高速の貝塚ランプ周辺の、道路が立体交差しているところです。
(通ったことある人はこの表現でわかるはず!)

公式サイトの図がわかりづらいので、Googleマップの航空写真を使って説明しますね。

同じ場所を航空写真で真上から見てみると、こうなります。

写真の中央を上下に走っているのが国道3号線。
ランナーは行き・帰りの2回ここを走ります。

写真を左右に走っているたくさんの道路のうち、真ん中の赤と黄色で色が付いている車線が都市高速の入口です。

そして、都市高速の両サイドに注目してください。

都市高速のすぐ隣の道路は、下り坂になっているのがわかりますか?
ここは、3号線に出てしまう道路なので、通行できません。

迂回路は、一番外側の2本の道路です。
それぞれ国道3号線を跨ぐ形で通っています。

一番上の道路を通れば流通センター通りへ、一番下の道路を通れば箱崎ふ頭方面へ抜けられます。

 

難しいですよね…。
私も福岡に帰省した時に周辺を通ることがありますが、未だに3回に1回くらいの割合でここを間違えてしまうので、あえて遠回りしてこの立体交差に近づかないようにしています(^-^;

博多バイパス・香椎周辺

 

2019福岡国際マラソンの交通規制迂回路②博多バイパス・香椎

引用元:福岡国際マラソン公式HP http://www.fukuoka-marathon.com/pdf/73rd_trafficmap_jp.pdf

千鳥橋交差点~香椎参道までの間の国道3号線は上下線ともにレースに使用されます。

上の図には千早~香椎周辺までしか入っていませんが、迂回路としては博多バイパス(東区二又瀬~下原間)が推奨されています。

香椎方面に出るには、多々良中学校西交差点でバイパスを降り、レース区間の一本手前の千早駅前~香椎宮前を通り、折り返し地点がある香椎参道口交差点に出ます。

…と書かれていますが、この辺りを頻繁に通っていた元福岡市民の私から経験上アドバイスさせてください。

香椎参道口~香椎まで(上の図の折り返し地点から上に向かって伸びている水色の点線部分)は、とても短い区間ではありますが、通常時でも混雑します。
マラソン当日は、車が多い上に人がごった返しています。

できれば通らない方がいいです。

バイパス側を通り過ぎるか、都市高速を利用するかですね。

それでも、多分、どっちも混みます…。

天神北出入口周辺

2019福岡国際マラソンの交通規制迂回路③天神北入口

引用元:福岡国際マラソン公式HP http://www.fukuoka-marathon.com/pdf/73rd_trafficmap_jp.pdf

都市高速の天神北ランプ近くの「那の津口交差点」は、レース終盤の13:55~14:54まで交通規制の予定です。

この時間帯は、天神北ランプを降りてすぐ「須崎1号交差点」で右折し、浜の町病院前の道を通ってください。

一本隣の那の津通りをランナーが走っているので、そのまま道なりに進んで、「港一丁目交差点」の手前で那の津通りとぶつかるまでは左折できないので気を付けましょう。

天神北ランプで高速を降りて天神中心部には入れません。

13時以降は博多方面も交通規制エリアが多いので、午後から天神で用事がある場合は、午前中のうちに天神中心部に入っておくか、地下鉄を利用すると良いでしょう。

まとめ

今回は、2019年の福岡国際マラソンに伴う交通規制・通行止めの場所と時間、迂回路を地図で確認しながら紹介しました。

まとめると

  • 基本は、先頭ランナーが通過する約5分前から最後のランナーが通過するまでの間、ランナーと同じ方向の車線が規制される
  • 規制の時間は場所によって異なり、最短15分~最長90分程度
  • 護国神社前、小戸西交差点、平和台陸上競技場付近は対向車線も同時に規制される
  • 箱崎ふ頭中央入口、博多バイパス・香椎、天神北出入口の迂回路が案内されている

ということでした。

本文中でも言いましたが、福岡国際マラソンのコースは全体を通して、マラソンがなくても混雑しやすい道路になっています。

当日は交通規制に加え、沿道にたくさんの人が詰めかけているので、とても通りにくいです。

お出かけ予定の方は、

  • 時間をずらして移動する
  • 公共交通機関(バスではなくて地下鉄がおすすめ)を利用する

などの工夫が必要です。

ランナーの安全のため、ぜひ協力してくださいね!

タイトルとURLをコピーしました