初診からオンライン診療解禁はいつから?初診料や対応医療機関は?【新型コロナ対策】

新型コロナウイルス対策で初診からオンライン診療を受診解禁はいつから?初診料はいくら? 未分類

こんにちは、リンリンです。

緊急事態宣言や外出自粛要請で、なかなか不自由な日々ですね。

具合が悪くても、病院に行くことで病気をもらってきてしまうのでは…と不安になってしまいます。

そんな中、新たな感染症対策として、初診からのオンライン診療が解禁されます。

今までもオンライン診療自体はありましたが、再診の人に限られていたんですよね。

家にいながら診察を受けられるのなら安心です。

そこで、この記事では初診からのオンライン診療について、いつから、どこで、いくらで受けられるのかをまとめました。

結論から言うと

  • 初診からオンライン診療は、実質的には2020年4月13日から開始される
  • 今回の措置は新型コロナウイルス対策のための時限的なもの
  • パソコンやスマホからの受診、難しい人は医師の判断で電話対応も可
  • 初診料は3割負担の場合で642円
  • 対応医療機関は、都道府県ごとに取りまとめて順次公表される

となっています。

詳しく見てみましょう!

新型コロナ対策で初診からオンライン診療が可能になる!

2020年4月10日、厚生労働省は、パソコンやスマートフォンなどを使って自宅で医師の診断を受けられる「オンライン診療」について、初診から受診が可能になる仕組みを始めると発表しました。

オンライン診療自体は以前から一部の医療機関で実施されていましたが、再診の場合に限られており、初診は必ず医療機関を訪れる必要がありました。

今回の「初診からの」オンライン診療は、医療機関内で新型コロナウイルスが広がってしまうことを防ぐための緊急措置で、あくまで時限的な仕組みとなります。

基本的にはパソコンやスマホを使っての診療になりますが、PC等を持っていない人や使い慣れていなくて操作が難しい人については医師の判断の上で電話での診療にも対応可能です。

また、薬の処方についても電話などで薬剤師の指導を受けたうえ、宅配で受け取れるようになります。

オンライン診療を受けるには、医師の診断に見落とし等のおそれがあることを事前に同意する必要があるので、注意が必要です。

 

あくまで医師の判断にはなりますが、電話診療にも対応してもらえるのは、インターネットに不慣れな高齢者等にも配慮されていて良いですね。

初診のオンライン診療はいつから解禁される?

ニュースによると、初診のオンライン診療は週明け、つまり2020年4月13日から開始されるとのことです。

しかし、4月13日10時現在、厚生労働省の公式ホームページやTwitterでの発表はされていません。

最終的な取りまとめを行っている最中だと思われますので、続報が出次第こちらにも追記します。

直接調べたい場合は、厚生労働省公式ホームページをご確認ください。

初診料はいくら?通院とオンラインで料金に違いはある?

厚生労働省は今回のオンライン診療について、医療機関に支払う診療報酬を2140円と定めました。

3割負担の人だと、初診料の自己負担額は642円になります。

オンライン診療対応医療機関の調べ方

初診からオンライン診療に対応する医療機関については、都道府県ごとに取りまとめて順次公表することとなっています。

東京都や大阪府など、主要都市の都道府県ホームページを確認しましたが、4月13日10時の段階ではまだ情報が出ていませんでした。

厚生労働省の公式サイトについてもまだ最新情報が出ていませんでしたので、詳しいことが分かり次第こちらでお知らせします。

ご自身で調べたい方は、お住いの都道府県の公式ホームページをご確認ください。

まとめ

初診からのオンライン診療の開始についてお伝えしました。

まとめると

  • 初診からオンライン診療は、実質的には2020年4月13日から開始される
  • 今回の措置は新型コロナウイルス対策のための時限的なもの
  • パソコンやスマホからの受診、難しい人は医師の判断で電話対応も可
  • 初診料は3割負担の場合で642円
  • 対応医療機関は、都道府県ごとに取りまとめて順次公表される

まだ情報の発表が追い付いていないようなので、わかり次第追記修正します。

タイトルとURLをコピーしました